>  >  > スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス

スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス

スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス
スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス
スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス
スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス
スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス
スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス

スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス Wedding ティアドロップ GUCCI

公開日: : 最終更新日:2017/09/02 防排煙・排煙設備

今回は、防煙垂れ壁と呼ばれる防排煙設備について考えたいと思います。

 

垂れ壁という呼び名ですが、実際の作動試験ってどのようにするのでしょうか。

 

今回はそんな防煙垂れ壁の作動点検方法や復旧の仕方について考えていきたいと思います。

 

あくまで参考程度に見て頂ければと思います。

 



目次

スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス Wedding ティアドロップ GUCCI

 

垂れ壁は、防煙区画を形成するために作られている防排煙設備の一つです。

 

仕組みとしては、連動用感知器が発報した時に、連動作動して、一定の高さまで降下してくるようになっています。

 

また、手動起動装置も付いていて、手動でも起動作動させることができます。

 

電動タイプもありますが、大抵の場合には、手動で復旧させるものが多いです。

 

復旧方法もいろいろあります。

 

今回は、そんなタイプ別での色々な種類について考えていきたいと思います。

 

垂れ壁の種類について

 

垂れ壁の種類で多いタイプとしては、パネルタイプです。

 

このパネルのタイプは、複数枚あり、1枚だけのものや、10枚のものなど色々な広さに合わせて設置されています。

 

作動時は1枚づつ順番に作動していきます。

 

また、シートタイプもあります。このタイプは、パネルタイプとは違い、広い空間に1枚だけ付いていることが多いです。

 

ですが、広すぎる部分の場合には2枚や3枚に分けて付けられていることもあります。

 

垂れ壁の点検の作動試験はどうするの?

 

作動試験は、連動用感知器を発報させると、連動作動します。

 

火災受信機から遠隔で起動させることもできます。

 

また、、手動起動装置でも作動させて点検することができます。

 


 

スターリングシルバー緑ブリオレット スワロフ スキー要素ピアス Wedding ティアドロップ GUCCI

 

作動試験の際には、事前に垂れ壁の下に物品が無いかなどを見ておく必要があります。

 

例えば、棚の上に置かれた物品であったり、壁面に付いているこのであったり、垂れ壁が作動してものが接触して落下したり、破損したりしないように注意が必要です。

 

垂れ壁の幅の分だけ作動するので、その範囲に物がないか、接触しないかを見る必要があるという事です。

 

手動起動装置で作動試験をするときの注意について

 

手動起動装置には、アクリル板が付いており、アクリル板を外したりずらさないとレバーを動かせないものが多いです。そのため、点検時には、細心の注意を払いながら、このアクリル板を外したりずらしてからレバーを動かす必要があります。

 

アクリル板の中には、割れやすいものがあるので、慎重な操作が必要になります。

 

垂れ壁の復旧方法について

 

垂れ壁の復旧方法も様々あります。

 

作動後にリセットをかけて復旧させていくものが多いです。

 

なので、作動させる前には、予め、点検口の中で復旧操作ができるのかを確認しておく必要があります。

 

復旧のタイプについて色々と紹介させていただきます。

 

ワイヤー復旧タイプ

 

防火シャッターと同じように、リング付きのワイヤーがあり、復旧させるものもあります。

 

垂れ壁の両サイドのどちらかにある点検口内に設置されています。

 

シートタイプに多い復旧方法です。

 

なので、作動後に、ワイヤーを引っ張ると、リセットがかかり、復旧させることができます。

 

ワイヤーを何度も引っ張って復旧させるタイプ

 

このタイプは、シートタイプの垂れ壁に多いのですが、垂れ壁の両サイドの点検口の中に金具付きのワイヤーがあり、それを引っ張ると滑車が回転して、徐々に垂れ壁を上昇させて復旧させることができます。

 

 

パネルタイプの垂れ壁の復旧について

 

パネルタイプでも、設置されている器具によって復旧の仕方は異なります。

 

リング付きのワイヤーを引っ張るものや、金具を押してリセットをかけるものもあります。

 

金具タイプのものについて、補足説明しておきますね。

 

パネルタイプの垂れ壁には、作動枚数の1か所だけにリセットをかけれる部分があります。

 


 

①の金具を押すと、リセットがかかり、②の金具が飛び出てきます。

 

通常はこれで復旧が完了になります。

 

また、これで復旧ができない場合には、③の金具をスライドさせたり、④の金具を少し動かして、②の金具を押し込んでおきます。

 

この状態で、垂れ壁を押し込んで復旧できるか確かめてみます。

 

これでも復旧しない場合には

 


 

パネル本体側の①の金具を押したり引いたりして動きを良くなるようにしてみます。

 

また、①の金具の土台を緩めると金具の位置を少し動かかすことができ

、動きの調整をすることができます。

防火ダンパーの作動試験や点検方法ってどうするの?

自然排煙窓の点検の仕方の注意点って?開放作動と復旧の方法とは?

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

色々な垂れ壁があり、わかりにくいことが多いですよね。

 

作動試験をしてみるときや、復旧しない場合には、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

自然排煙窓の点検の仕方の注意点って?開放作動と復旧の方法とは?

自然排煙窓ってご存知でしょうか?   建物の窓の上などや、エレベーターの前など

記事を読む

防火ダンパーの作動試験や点検方法と常時の開閉状態は?

防火ダンパーってご存知でしょうか?   点検の時に、作動試験などはどのようにす

記事を読む

防火シャッターの点検で作動試験時に注意すべきポイントとは?

防火シャッターを点検するうえで重要なこととは一体どのようなことでしょうか? 防火シャッターは、

記事を読む

防火シャッター点検時の復旧方法とは?困った時の対処方法について

防火シャッターの復旧ってどうやってするのでしょうか。 防火シャッターを点検時などに作動させて、

記事を読む

排煙口を開けた時に給気口が連動作動しないのは何故?

排煙口を開けて給気口も一緒に開けたい場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。  

記事を読む

ファンやエアコンが止まって復旧しないのは何故?原因や対処方法とは?

消防点検などで給気・排気などのファンが止まって復旧しない場合どうすればいいのか?という事態も起こりえ

記事を読む

排煙口を点検で開ける時の注意点や復旧操作と排煙機の操作について

排煙口を開けるときに注意が必要なことがあります。   今回は、そういった排煙口

記事を読む

Sponsored Link

Message コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

NEW ENTRY

消防設備で音量測定時に必要とされる音響装置の音圧はいくらか?

消防設備点検で音圧を測定する必要があるときに、、音圧がどれくらいかが知り

火災通報装置の点検試験方法やコード番号の入力ってどうするの?

火災通報装置ってご存知でしょうか?自動火災報知設備の横に設置されていた

防火シャッターの点検で作動試験時に注意すべきポイントとは?

防火シャッターを点検するうえで重要なこととは一体どのようなことでしょう

屋内屋外消火栓・補助散水栓の放水圧力(量)・水平距離・水源水量の範囲は?

屋内消火栓の1号消火栓、2号消火栓、スプリンクラーの補助散水栓の放水圧

防煙垂れ壁の点検は?作動試験や復旧方法ってどうするの?

今回は 、、、防煙垂れ壁と呼ばれる防排煙設備について考えたいと思います。

→もっと見る

{yahoojp}xt02-myp10-tu2-235 7